イノベーションジャパン2006 - 大学見本市

2006年09月13日

【プレスリリース vol.3】UBSスペシャル・アワード受賞者決定!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
              
    国内最大規模のマッチングイベント、いよいよ本日、開幕!
      『イノベーション・ジャパン2006-大学見本市』
      ◆会期:2006年9月13日(水)〜15日(金)
      ◆会場:東京国際フォーラム 展示会場、会議施設
               
 〜賞金総額350万円!UBSスペシャル・アワード受賞者決定のご案内〜        

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

謹啓 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 日本全国の大学の優れた知財を広く産業界に紹介する、国内最大規模の産学マッチングイベント『イノベーション・ジャパン2006-大学見本市』が、いよいよ本日、東京国際フォーラムにて開幕致します。
 この開催に合わせて、このほど、スイスに本社を置く世界有数のグローバル金融グループ、UBSグループによる、大学出展者の研究成果を対象とした「UBSスペシャル・アワード」の受賞者が決定しましたので、報道関係の皆様にご案内申し上げます。なお、表彰式は、会期最終日の9月15日(金)に、展示会場内メインシアターで開催いたします。ぜひご取材のほど、宜しくお願い申し上げます。
 本アワードは、『イノベーション・ジャパン2006-大学見本市』における大学ゾーン全出展者の中から、「ナノテク・材料」「バイオ・アグリ」「医療・健康」「IT」「環境・エネルギー」「ものづくり」の6分野に分けて、日経BP社の専門ジャーナリストが、ビジネスとしての可能性、発展性、将来性を考慮して、UBS賞候補を選考。その中から、東京工業大学監事の西村吉雄先生を評価委員長とするUBSアワード評価委員会が、最もビジネスの可能性を感じる研究成果として、UBS賞を選出しました。
 受賞対象は、UBS賞1点、優秀賞1点、部門賞4点と、今年新設した来場者賞1点で、賞金総額は350万円。受賞した大学・研究者、研究成果は、以下の通りです。

 
◆UBS賞:賞金150万円、表彰状
埼玉工業大学 工学部 機械工学科 助教授 和田正義氏
【段差に強く、操作性の良い全方向電動車椅子の研究開発】
─医療・健康部門

受賞理由:電動車椅子の需要は、高齢社会の中で、需要が増加すると見込まれる。この技術により、使用者の活動範囲が広がり、QOLが大きく改善すると予想され、さらに需要の広がり(車椅子の更新含む)が期待できる。産業用需要も見込めることから、センサーやアクチュエーターなどの部品価格低下は十分可能であり、それによる新たな分野での技術応用も期待できる。


◆優秀賞:賞金100万円、表彰状
岐阜大学 応用生物科学部 応用生物科学科 教授 棚橋光彦氏
【高圧水蒸気を用いた木材の3次元圧縮成形加工】
─ものづくり部門

受賞理由:これまでも「曲げ木」細工はあったが、あくまでも二次元であり、金属で言う「曲げ」加工にとどまっていた。新技術は、3次元、金属で言う「絞り」加工に相当する。金属も絞り加工ができるようになって、用途が大幅に拡大したことから想定し、広い用途が期待できる。


◆IT部門賞:賞金20万円、表彰状
明治大学 商学部 教授 折谷吉治氏
【電子ペーパーマネー・システムの構築】


◆環境・エネルギー部門:賞金20万円、表彰状
静岡大学 工学部 物質工学科 教授 佐古猛氏
【超臨界流体を用いたポリマーの合成とリサイクル技術】


◆ナノテク・材料部門:賞金20万円、表彰状
成蹊大学 理工学部 物質生命工学科 教授 佐々木成朗氏
【超潤滑薄膜・超薄膜材料の開発及びナノ力学シミュレータの開発】


◆バイオ・アグリ部門:賞金20万円、表彰状
広島大学 大学院生物圏科学研究科 生物機能開発学専攻分子生命開発学講座 教授 松田治男氏
【ニワトリ抗体の有用性とトランスジェニック鶏技術】

 
◆来場者賞※上記の各賞の審査方法とは別に、会場内での来場者からの投票をもとに、印象に残った展示ブースとして、来場者賞を選出。15日の表彰式で発表いたします。ぜひご注目ください。


○●○●表彰式の概要○●○●
日時:2006年9月15日(金)15:30〜
会場:東京国際フォーラム 展示会場内メインシアター
プログラム(予定): 
15:30〜表彰式
受賞者のスピーチ、講評、UBS賞受賞者と審査委員長による対談など(予定)

---------------------------------------------------------------------------
●UBSグループのご紹介
 スイス(バーゼル、チューリッヒ)に本社を置く世界有数の金融グループ。世界の主要金融市場を含む50カ国で事業を展開し、従業員は約70,000名を擁する。UBSの株式は、スイス、ニューヨーク、東京の各証券取引所に上場されている。富裕層向けの運用(ウェルス・マネジメント)の分野では世界最大、また投資銀行・証券業務さらには資産運用業務でも世界トップの一角を占める。主力商品は企業金融、株式・債権の発行・引受、金融商品の開発、デリバティブなどがあり、スイス国内においてはリテールおよびコマーシャル・バンキングで業界をリードしている。
--------------------------------------------------------------------------
 
◆『イノベーション・ジャパン 2006-大学見本市』開催概要◆
◇名称:イノベーション・ジャパン2006─大学見本市
◇会期:2006年9月13日(水)〜15日(金)
◇会場:東京国際フォーラム(東京・有楽町)
◇主催:科学技術振興機構(JST)
NEDO技術開発機構(新エネルギー・産業技術総合開発機構)
◇共催:文部科学省 経済産業省 内閣府 日経BP社
◇特別協賛:野村證券
◇Special Award by:UBS
◇後援:工業所有権情報・研修館 発明協会 中小企業基盤整備機構
    日本学術会議 知的財産戦略本部 日本経済新聞社 テレビ東京
◇入場:無料
◇来場予定者数:企業研究開発担当者、経営者、大学研究者など3万人

--------------------------------------------------------------
<本イベントへのご取材のお問い合わせ先>

イノベーション・ジャパン2006事務局(日経BP社内 担当:新村) 
TEL:03-6811-8083、FAX:03-5421-9170
会場内本部事務局・プレスルーム(9/13〜15):03-5221-9093
e-mail:innov@nikkeibp.co.jp
公式ウェブサイト→ http://expo.nikkeibp.co.jp/innovation/
--------------------------------------------------------------