ニュースリリース

2007年09月23日 18:00

「東京ゲームショウ2007」開催結果速報

テーマ:『つながって、ひろがって、世界へ。』
過去最高規模、初の4日間開催。
来場者数は過去最高の19万3040人に!!

社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA)の主催、日経BP社および経済産業省(国際ビジネス部門)の共催、株式会社NTTドコモの特別協賛のもと、千葉市・幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2007」は、合計193,040人の来場者を迎え、盛況のうちに終了しました。

本年より日本発のコンテンツを広く国内外へとPRする「JAPAN国際コンテンツフェスティバル<コ・フェスタ>*1」が開催されています。「東京ゲームショウ2007」は、その開幕を飾るに相応しいオフィシャルイベントとなりました。

テーマは、「つながって、ひろがって、世界へ。」。19の国と地域から、過去最高となる217の企業や団体・学校が出展。小間数1,735小間と、いずれも過去最高の規模、そして、17回目にして初めて4日間の日程で開催されました。

展示されたゲームソフトは、公表されたタイトルをあわせると事前に登録された702タイトルをはるかに上回る数となり、中でも近年発売された最新型家庭用ゲーム機向けのタイトルが数多く展示され、ゲームファンから大きな注目を浴びました。さらに、携帯電話で楽しむゲームや携帯型ゲーム機用ソフトも昨年を上回る出展となり、多彩なゲームの楽しみをより多くの人々にアピールするゲームの祭典となりました。

東京ゲームショウ2007東京ゲームショウ2006
9月20日(木)
ビジネスデイ
29,783人——————
9月21日(金)
ビジネスデイ
32,390人9月22日(金)
ビジネスデイ
39,645人
9月22日(土)
一般公開日
64,795人
(内キッズ11,829人)
9月23日(土)
一般公開日
84,823人
(内キッズ12,246人)
9月23日(日)
一般公開日
66,072人
(内キッズ15,347人)
9月24日(日)
一般公開日
67,943人
(内キッズ10,637人)
合計193,040人合計192,411人

また、「日本ゲーム大賞2007」(http://awards.cesa.or.jp/)については、会期初日に昨年度発売された作品を対象とする「年間作品部門」、2日目にはアマチュアの方が制作したオリジナル作品を対象とした「アマチュア部門」の受賞作品がそれぞれ発表・表彰されました。「東京ゲームショウ2007」で発表・展示された未発売ソフトを対象とする「FUTURE部門」については、9月20日から22日までの3日間、来場者による投票を実施。その後の選考委員会の審査にて選出された受賞作品の発表・表彰式が最終日に行われました。


なお、「東京ゲームショウ2008」は、2008年10月9日(木)もしくは10日(金)から、12日(日)まで幕張メッセにて開催する予定です。

*1 JAPAN国際コンテンツフェスティバル<コ・フェスタ>(URL http://www.cofesta.jp/)
日本発コンテンツ、およびそれに関わる産業の「今」を国内外に広くアピールすることを目的とした、世界最大規模の統合的コンテンツフェスティバルです。ゲーム、アニメ、マンガ、キャラクター、放送、音楽、映画などの各種イベントが連携して約40日という期間に集中して開催され、世界中のコンテンツ関係者が一度に数多くの日本のコンテンツに触れる機会を提供いたします。第1回目となる今年は、9月20日の「東京ゲームショウ2007」を皮切りに首都圏で18、中部・関西で7つのイベントを開催。日本の新しい才能や技術、産業が一堂に集結いたします。