お申し込みはこちら

当プログラム採用ゼミだけのサービスです!

学生の皆様には…

特別学割料金を設定
特典01

※「日経ビジネス」全号閲覧サービスは終了しました。

先生には…

採用期間中、無料で『日経ビジネス』1冊お送りします。「ビジネスマネジメントフォーラム」にご招待
講師派遣サービス

「日経ビジネス」で論文を公表できる!—NBonlineに研究室を紹介

http://blog.nikkeibp.co.jp/nb/academic/
日経ビジネスのWEBサービス「NBonline」に研究室の学生レポートを購読期間+6ヶ月間掲載。
「日経ビジネス」を購読中のビジネスパーソンへ学生ならではの視点で、驚きを与える提言を行ってください!
学生の研究レポートをPDFファイル形式で掲載。各大学に対してのコメント昨日も充実

全国88大学150ゼミ、のべ5000名が活用しています。※2008年3月現在

『日経ビジネス』はゼミ活動で欠かせない存在となっています!

実態への関心・経済学への興味に役立つ!!
土井教之先生 関西学院大学 経済学部 教授
土井教之 先生


「日経ビジネス」を使って経済の実態について議論することにあてている。その際、経済学の知識に関連づけて議論するよう求めている。実態への関心と経済学の面白さの認識を狙いとしている。学生は、記事についてはひとこと言いたいと思うため、毎回活発な意見が出る。したがって『日経ビジネス』の利用はゼミ活性化に役立っている。学生は実態を踏まえて議論をし、かつ自分の意見を述べる習慣を身につけることができたと思われる。「日経ビジネス」から多くの情報を得ており、自分の進路の選択にも活かしている。
導入教育にも役立つ!
島田昌和先生 文京学院大学 経営学部 教授
島田昌和 先生


学部の1年次導入教育と2年次ゼミで活用している。導入教育では、レポートの書き方を指導する際、「日経ビジネス」の記事を題材として取り上げ、要点を抽出し、そこから発展させてデータ等を加味して分析を加える。ゼミでは、「日経ビジネス」の記事を題材としてディベートテーマを組んでいる。学生が興味を持つホットなトピックがふんだんに取り上げられ、それに業界構造や競争戦略などの分析を加味してテーマを膨らませやすい題材が「日経ビジネス」には、多く盛り込まれている。
インカレのテーマ選びに役立つ!
青木均先生 愛知学院大学 商学部 教授
青木均 先生


私のゼミでは「日経ビジネス」の中で気になった記事を各自が要約し、コメントをつけて発表している。これは就職活動に備えた業界研究やプレゼンの練習を目的としている。また、愛知大学、名古屋学院大学、名城大学と共同で開催しているマーケティング研究発表大会「名古屋マーケティング・インカレ」に向け、研究材料を探すときに「日経ビジネス」活用している。学生は新聞より読みやすいため、記事を探すこと自体楽しめるという感想を漏らしている。今後は金融・会計など異分野の記事を読んで、知識の幅を広げるきっかけにして欲しい。
お問い合わせはお気軽に

日経BPマーケティング アカデミック・サポート・プログラム事務局
TEL:03-6811-8097 FAX:03-5421-9131 E-mail: asp@nikkeibp.co.jp