by NikkeiBusiness | 2005年2月22日 18:19 | コメント (0) | トラックバック(0)
分野 「経営戦略」:全社戦略と競争戦略
経営戦略、国際経営、国際マーケティング、多国籍企業論(特に、レディング学派のFDI理論)、情報技術、技術管理、環境戦略、戦略的組織行動
キーワード 経営戦略、環境戦略、技術戦略、経営情報、戦略的組織、企業提携と経営支配、海外直接投資、海外企業組織、取引費用と企業組織、ケースメソッド、MBA教育
研究室名 高垣行男研究室
研究室URL http://www115.sakura.ne.jp/~azu/suntaka
問合せ先 Eメールアドレス
takagaki@surugadai.ac.jp
郵便番号357-8555
埼玉県飯能市阿須698
指導教官名 高垣行男
博士(学術:東京大学)、国際関係学修士(国際経営:国際大学)

【経歴】徳島大学工学部機械工学科卒。東亜燃料工業(現、東燃ゼネラル石油)にてプラントエンジニアリングや新素材の新規事業を担当。国際大学大学院国際関係学研究科(国際経営専攻)にて修士取得。帝人化成にて経営企画と新規事業を担当。東京大学大学院博士課程工学研究科単位取得退学。東京大学より博士(学術)を授与。沖縄国際大学教授を経て、駿河台大学経済学部教授。大学院教授(論文指導)を兼担。非常勤講師として、国際大学大学院(MBA)、立教大学大学院(ビジネスゼザイン研究科)等にて、英語によるケースメソッドの講義を担当。

【著書】『環境対策の戦略化過程』(ボーダレスエイジ)、『ボーダレス時代の国際経営』(ボーダレスエイジ)、『Japanese Foreign Direct Investment』(Ohozato Printing)、『International Business; emerging issues and emerging markets』(英国Macmillan Publishing:Alan RugmanやRobert Grantらとの共著)
研究内容 1)日系多国籍企業による戦略的な海外直接投資の分析
2)日本企業の環境経営戦略の分析
3)多国籍企業における情報技術の戦略的活用の研究
4)埼玉県西部地区中小事業所における情報化の実態(共同研究代表)
5)地域企業の競争優位

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/284

コメント

メールアドレスは第三者には公開されませんが、編集部から連絡を差し上げる必要が生じた際のための項目とさせていただいております。
投稿者情報を保存しますか?


※コメント及びトラックバックをご利用する際のご注意点編集部が法律・条令等に違反する行為や、閲覧者に対して不快になるような行為だと判断した場合、 予告なくコメント等を削除させて頂くことがあります。
このサイトはInternet Explorer7.0以上及びNetscape7.1以上を推奨しています
日経ビジネスオンライン
Copyright (c) 2001-2014 Nikkei Bussiness Publications,Inc.All Rights Reserved.