by NikkeiBusiness | 2008年3月10日 13:18 | コメント (0) | トラックバック(0)
研究概要 消費者行動論の知見を基盤として、「売れ続ける仕組みづくり」を探究する。
分野 マーケティング論
とくに消費者行動論、マーケティング・コミュニケーション論、ブランド論 など
キーワード ブランド・消費者の認知、マーケティング・コミュニケーション
研究室名 秋本昌士研究室
問合せ先 〒814-0198
福岡市城南区別府5-7-1 中村学園大学 流通科学部
指導教官名 秋本 昌士

経歴

早稲田大学大学院商学研究科商学専攻修士課程修了
同博士後期課程単位取得退学
早稲田大学産業経営研究所助手

著述など

・『現代マーケティング論』,実教出版,2006年(共著)。
・「参入タイミングと消費者の選好との関係―ブランド間の差異に注目して―」『消費者行動研究』,日本消費者行動研究学会,2008年(共著)。
・「消費者のイノベーション採用行動に影響を与える要因」『産業経営』,早稲田大学産業経営研究所,2005年(単著)。
など
研究内容 ・消費者行動論の知見(特に消費者の認知に関する理論や概念)にもとづいて市場参入時における効果的なコミュニケーションのあり方を探究する。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/163641

コメント

メールアドレスは第三者には公開されませんが、編集部から連絡を差し上げる必要が生じた際のための項目とさせていただいております。
投稿者情報を保存しますか?


※コメント及びトラックバックをご利用する際のご注意点編集部が法律・条令等に違反する行為や、閲覧者に対して不快になるような行為だと判断した場合、 予告なくコメント等を削除させて頂くことがあります。
このサイトはInternet Explorer7.0以上及びNetscape7.1以上を推奨しています
日経ビジネスオンライン
Copyright (c) 2001-2014 Nikkei Bussiness Publications,Inc.All Rights Reserved.