by NikkeiBusiness | 2009年2月12日 19:15 | コメント (0) | トラックバック(0)
研究概要 通信と放送の融合・連携による地域経済の活性化の可能性
分野 産業組織論、メディア論
キーワード 通信と放送の融合、連携、ユビキタス、ワンセグ、地域の活性化、オンデマンドサービス、NGN
研究室名 森 由美子研究室
問合せ先 0276-32-7800
指導教官名

森 由美子
1994年神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得
1996年より関東学園大学経済学部経済学科にて講師として着任。
2008年4月より教授、現在に至る。
『電気通信業の実証分析 競争、費用効率性、通話需要』2007年日本評論社

「電気通信政策」『消費者主権の産業政策』中央経済社 所収など
研究内容 電気通信業の実証分析、政策分析、放送業に関する実証分析

ゼミ生就職先

群馬銀行、伊藤園、ヤマダ電機、朝日ラバー、ジョイフル本田、富士部品、オートバックス、ソフィア、ヤマト運輸、アプワイザーリッシェ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/194981

コメント

メールアドレスは第三者には公開されませんが、編集部から連絡を差し上げる必要が生じた際のための項目とさせていただいております。
投稿者情報を保存しますか?


※コメント及びトラックバックをご利用する際のご注意点編集部が法律・条令等に違反する行為や、閲覧者に対して不快になるような行為だと判断した場合、 予告なくコメント等を削除させて頂くことがあります。
このサイトはInternet Explorer7.0以上及びNetscape7.1以上を推奨しています
日経ビジネスオンライン
Copyright (c) 2001-2014 Nikkei Bussiness Publications,Inc.All Rights Reserved.